オリエンタル警備立川のバイトの評判!警備員をした体験談を公開します

スポンサードリンク

オリエンタル警備立川という会社で、警備員のバイトをしていました。

 

当時大学生3年生だった私は、サークルの合宿代約5万円を稼ぐのにあまり時間がなかったため、短期間でお金になるバイトを探していました。

 

そこで目についたのが警備員のバイトです。

 

当時付き合っていた彼氏が夜間の警備員のバイトをしていたので、何となく分かっていたつもりでしたが、聞くと見るではやはり大違いでした。

 

オリエンタル警備立川のバイトは、まず数日間の研修があり、交通ルールから実際の警備案件に沿った訓練を学びました。

 

暑い夏にビルの屋上で大きな声を出しながらの訓練です。

 

女子は私一人。

 

暑さにやられて倒れる男子もいました。

 

そんな厳しい訓練を経て、仕事を紹介してもらうことができました。

 

スポンサードリンク

 

オリエンタル警備立川のバイトでやった最初の仕事は、工事現場での通行止めの業務でした。

 

警備員は私ともう一人の20代後半の男性でした。

 

立っていることが多く特に大変なことはなかったのですが、困ったのは昼休みプライベートなことを色々聞かれてイヤな思いをしたことでした。

 

若い女性が珍しかったのだと思いますが大変でした。

 

次の日も同じ現場でしたが、なぜかその作業員の人はいなくなっていて、年配の作業員の人に「ねえちゃん安心しな、あの悪いやつもういないから」と言われました。

 

ほっとした私はその日の仕事を無事終えることができましたか、朝から夕方までの立ち仕事は若い当時でもかなり大変でした。

 

初心者でしかも女性ということもあって、通行止めや見張りなどの仕事しか紹介されませんでしたが、5日間現場に出て合宿代を稼ぐことができました。

 

オリエンタル警備立川のバイトは、イヤな思いをしたり、体力的にも大変でしたが、警備員のバイトを通して今までとは全く違った世界を見ることができました。

 

警備員の任務を達成するには、現場での注意力と気配りが何より大切です。

 

バイト中に作業員にからまれたりしても、受け流して任務に集中し気持ちが強くなったと思います。

 

オリエンタル警備立川でのバイトは、お金を稼ぐという目的だけでなく、貴重な体験をしたと思っています。

 

スポンサードリンク