マックスバリュのバイトの体験談!イオン系スーパーの夜勤の裏側を教えます

スポンサードリンク

イオン系列のスーパー、マックスバリュ 十文字南店で数年間バイトをしていました。

 

私にとっては、マックスバリュのバイトは、秋田に引越してきてから初めての仕事であり、接客も初めてで、とにかく初めてづくしでした。

 

その中でもなかなか慣れることができなかったバイトの仕事内容は、夜勤です。

 

初めてマックスバリュのバイトで夜勤をやってみて、思っていた以上に体にこたえるし、精神的にも疲れると感じました。

 

私の言う夜勤とは、夜10時〜12時頃の時間帯のことです。

 

退勤して家に帰ると大体夜11時〜12時頃になります。

 

それからお風呂に入って寝るという生活が続くと、昼夜逆転まではいかないものの、生活のリズムが崩れ、特に最初の頃はすごく疲れを感じ、翌朝起きれませんでした。

 

スポンサードリンク

 

また夜の9時前くらいまでは、店内に従業員もお客さんも沢山いるのですが、それ以降はどんどん人が減っていって、広い店舗がガランとした雰囲気になっていきます。

 

私は夜あまり出歩いたりする方ではなかったので、マックスバリュ店内とは言え、慣れないうちはちょっと怖かったです。

 

また常習的な万引き犯と思われる客が来ることもあり、少ない人数の中で店内の見回りもしなければならず、精神的にも疲れてしまいました。

 

バイトスタッフの人数の関係で、勤務の時間帯を変えてもらうことはできなかったので、自分の見方を変えるしかないと思いました。

 

まず、夜の少人数のガランとした雰囲気を好きになるよう努力しました。

 

同僚みんなに積極的に声をかけて、親しくなり、お客さんのいない時はお喋りしながら仕事をしたり、新しい仕事を教えて頂いたりしていくうちに、この時間帯が怖いとは感じなくなりました。

 

慣れてくると、マックスバリュの夜勤バイトは、むしろ静かで楽しい時間と思うようにさえなりました。

 

「好き」になる努力をして良かったと思っています。

 

スポンサードリンク