ロッテリア (渋谷、道玄坂)のバイトの評判!体験談、口コミ、感想

スポンサードリンク

大学生だった頃、渋谷の道玄坂にあるロッテリアで接客のアルバイトをしていました。

 

レジ打ちが主な仕事だったので、お金を間違えないように常に神経を使っていました。

 

忙しい時間帯になると、自分の客が注文したハンバーガーだけでなく、隣のレジで注文したハンバーガーまで把握せねばならず、苦労しました。

 

これは、自分の客よりも先に、隣のレジで同じハンバーガーをすでに注文しているのなら、そのハンバーガーが一つしかないのなら、隣の客が優先してハンバーガーをもらう権利があるからです。

 

もし、間違って一つ残っているからと、私がハンバーガーを先に取ろうとすれば「こっちが先!」と怒られてしまいます。

 

忙しい時間帯に、隣のレジを意識しながら注文をとるのは、慣れるまで辛い仕事です。

 

スポンサードリンク

 

次から次へと客が来るので、やっと落ち着いた時には疲れがドッと押し寄せてぐったりしてしまいます。

 

また、忙しい時間帯に変な客が来ると、その疲れはさらに増します。

 

付き合い始めたばかりのようなカップルは、「以上で、ご注文はよろしいですか?」の問いに男が笑いをとろうと「胃薬ください」と言ってきたり、「BBライトバーガーのライトって、なんの意味があってつけてんの?」という店員をドキッとさせるような質問を投げかけられたり、「この金額にこのお金出すと、いくらになるか分かる?」と、いかに小銭を少なくしてお釣りを受け取るか、常に意識している客に話しかけられたりして、注文の方にだけ集中することができません。

 

忙しい時間でなければ、こういうやりとりも楽しいですが、見るからに忙しく、必死に注文を取っている時は空気を読んでほしいです。

 

ロッテリアでは、休憩時間に店の商品を安く購入して食べることができるので、ロッテリア好きの私には、このひとときが幸せでした。

 

ロッテリアのレジの仕事は、立ち仕事で大変でしたが、やりがいのある仕事だと思います。

 

スポンサードリンク